未成年後見人の指定

未成年後見人とは、親権者の死亡等のために未成年者に対し親権(看護養育・財産管理・契約等)を行う者がない場合に未成年者の法定代理を努める者を言います。家庭裁判所への申立による選任以外に、遺言でも予め指定することが可能です。

 

未成年後見監督人の指定

未成年後見人を監督し、未成年後見人と未成年者(被後見人)との利益が相反する場合に、未成年後見人に代わって未成年者の代表等の役目を果たす機関です。

家庭裁判所への申立による選任以外に、遺言でも予め指定することが可能です。

 

認知

婚姻外で生まれた子を遺言によって認知することができます。 尚、婚姻外で生まれた子は、認知されることによって、一定の相続権(嫡出子の1/2)を持つことになります。