遺産分割(遺産分割協議)とは?

相続が発生した場合、基本的には、法定相続分に応じて各相続人が平等に遺産を取得しますが、不動産や自動車などの形ある遺産については、相続人の共有にせずに誰か一人だけに相続させたほうが無用な争いを避けることができますし、後日処分する際も複雑な手続は必要ありません。

誰か一人に遺産を相続させる場合に限らず、法定相続分と異なった割合で遺産を分け合うためには、相続人全員で遺産分割協議を行わなければなりません。

 

遺産分割による名義変更の特徴

まだ相続登記を行っていない状態で遺産分割協議を行い、そこで決まった持分で相続登記を行う場合、登記の原因は「相続」になります。

他方、法定相続分による共有の相続登記を行った後に遺産分割協議を行い、そこで決まった持分に直す登記を行う場合、登記の原因は「遺産分割」になります。

このように、同じ遺産分割協議を行う場合であっても、法定相続分による共有の相続登記を先に終えているかどうかによって、登記原因が異なることが特徴です。

 

遺産分割による名義変更登記の申請人

「遺産分割」を原因として相続登記を行う場合、遺産分割協議によって不動産持分が増加する相続人が登記権利者、持分が減少する相続人が登記義務者になります。

法定相続分による相続登記と異なり、「権利者」「義務者」という概念があります。

 

遺産分割による名義変更登記にかかる費用

法定相続による所有権移転登記を申請する場合、固定資産評価額の0.4パーセントの登録免許税が必要になります。

 

また、専門家に依頼する場合には、報酬がひつようになります。