相続欠格

相続欠格とは
法律のきめている悪いことをした場合(相続欠格事由)に、法律上、当然に相続人の資格を剥奪されることです。

法律上、当然に相続人の資格を剥奪という厳しいものです。
相続される人(被相続人)が、かわいそうだから、遺言で相続欠格者に相続させるとしても認められません。



相続欠格事由とは

故意に被相続人、先順位、同順位の相続人を死亡させ、または死亡させようとして刑に処せられた者

被相続人が殺害されたことを知りながら、告訴、告発をしなかった者
ただし、その者に是非の弁別がないとき、または殺害者が自己の配偶者もしくは直系血族(子、孫、親、祖父、祖母)であった場合は、例外です。

詐欺、強迫により被相続人の遺言作成、取り消し、変更を妨げた者

詐欺、強迫により被相続人の遺言作成、取り消し、変更をさせた者

被相続人の遺言書を偽造、変更、破毀、隠匿した者


相続欠格になっても、代襲相続はできます。