相続放棄とは?

相続放棄とは、法定相続人となった場合に、被相続人の残した財産を、プラスの財産が多くても相続せず、マイナスの財産が多くても債務の負担をしないことで、相続放棄をするとその法定相続人は初めから相続人でなかったことになります。

 

相続放棄に必要な書類

  • 相続放棄の申述書
  • 申述人の戸籍謄本
  • 被相続人の除籍謄本
  • 被相続人の住民票の除票

事案によっては他の書類が必要になる場合があります。

 

相続放棄の注意点

相続放棄は各相続人が、「自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内」に、家庭裁判所に対して「相続放棄申述書」を提出しなければならず、家庭裁判所に認められれば、「相続放棄陳述受理証明書」が交付され、この証明書が相続放棄をした証明となるのです。


この期間内に申述しなかった場合は、単純承認したものとみなされますので注意しましょう!

また相続放棄は各相続人が「単独」で行うこととなり、相続放棄した者は最初から相続人ではなかったということになりますので、仮に限定承認したい場合でも、相続放棄した者を除く相続人全員の承認があれば限定承認することが可能となります。


※3ヶ月以内に相続放棄をするかどうか決めることが出来ない特別の事情がある場合は、家庭裁判所に、「相続放棄のための申述期間延長」を申請することにより、この3ヶ月の期間を延長してもらえる場合があります。


※相続人が未成年者(または成年被後見人)の場合は、その法定代理人が代理して申述します。