特別縁故者への財産分与とは?

相続人不存在の場合、相続財産から相続債務を支払う清算の手続があります。

これが終わってもなお相続財産に残りがある場合、家庭裁判所は、被相続人の特別縁故者に相続財産の全部または一部を与えることができます。

これが一般に特別縁故者への財産分与と呼ばれています。

 

特別縁故者への財産分与の登記の特徴

特別縁故者への財産分与は家庭裁判所の審判の確定によって効力が発生します。

なお、登記原因は「特別縁故者への財産分与」ではなく、「民法第958条の3の審判」となります。

 

特別縁故者への財産分与の登記の申請人

特別縁故者への財産分与による名義変更の登記を申請する場合、特別縁故者が登記権利者となり、相続財産法人が登記義務者となります。

 

特別縁故者への財産分与の登記にかかる費用

特別縁故者への財産分与の登記を申請する場合、移転する持分の固定資産評価額×1,000分の20(2%)の登録免許税が必要です。

 

また、専門家への報酬も必要になります。