財産調査と相続

相続は、財産や権利・義務をそのまま受け継ぐということです。相続人は自分の相続したい財産の一部分だけを相続するなどのことはできません。被相続人(亡くなった人)が持っていた財産や権利・義務のすべてが相続することになるので、借金などのマイナス財産も相続しなければならなくなります。2ヶ月以内の早い時期、どんなに遅くとも3ヶ月以内には相続財産額がプラスなのかマイナスなのかくらいは確認できる調査をしなければいけません。財産がプラスかマイナスか調査し、相続するかどうかを決めます。その際できるのは次の3つの選択です。

(1)相続財産を「単純承認」する
すべての相続財産をそのまま相続する選択。 特に手続きは必要ありません。

(2)相続財産を「放棄」する
何も受け継がない選択。相続が開始されたことを知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して相続放棄の申立をします。

(3)相続財産を「限定承認」する
財産が差し引きでプラスなら相続する選択です。相続が開始されたことを知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して「限定承認」の申立をします。