行政書士と司法書士の違い

行政書士の業務

行政書士は、官公署に提出する書類の作成、提出代理、権利義務(契約書の作成など)又は事実証明(内容証明の作成など)に関する書類の作成を主な業務とします。

ただし、上記の書類の作成であっても、他の法律で制限されているものについては業務範囲外となります。例えば登記申請や裁判所に提出する書類(訴状など)の作成は司法書士法によって行政書士が作成することはできません。

 

司法書士の業務

司法書士は、登記、供託手続の代理、法務局、裁判所、検察庁に提出する書類の作成を主な業務とし、さらに法務大臣の認定を受けた司法書士は簡易裁判所管轄で訴額140万円以内の通常民事裁判において弁護士と同様に、原告ないし、被告の訴訟代理人となることができます。

当事務所のメリット

私は、司法書士・行政書士の両資格を有しますので、ご依頼人の方にとって下記のようなメリットがあります。

 

  • 例1)50万円の貸金ないし、敷金の返還請求をする場合、内容証明郵便で返還が実現すれば良いのですが、解決に至らない場合相手方との交渉や訴訟提起を考えなければいけません。そういった場合、行政書士の資格だけでは内容証明郵便の作成までしか出来ない為、さらに司法書士ないし弁護士にご依頼頂かなければなりません。両資格を有すことでこのような問題を一元的に解決することができます。
  • 例2)相続が発生した時、不動産も相続財産に含まれている事がほとんどです。こういった場合、相続人を確定し、遺産を調査し、遺産分割協議を経て、最終的に不動産の名義変更を行うことになります。これらの事務を一元的に解決することができます。因みに、不動産の名義変更(登記申請代理)は、司法書士法により行政書士の業務範囲外となります。