相続とは?

「相続」とは、財産などのさまざまな権利・義務を他の人が包括的に承継することです。人の死亡を原因とするものを「相続」と称するのが一般的ですが、死亡を原因としない「生前相続」の制度も存在します。「相続」に関する規定には、「遺言」により民法の規定と異なる定めをすることができる任意規定が多く含まれます。

「相続人」と「被相続人」

このサイトに訪れたあなたの立場は「相続人」でしょうか? それとも「被相続人」になる日のことを考えている方でしょうか? 「被相続人」の財産上の地位を承継する者のことを「相続人」と言います。また、これに対して相続される財産、権利、法律関係の旧主体を「被相続人」と言います。つまり、「被相続人」から「相続人」に財産・権利等が相続されるということになります。

「両親・親族などが突然の死を迎え、相続関連の手続きに困っている」
「自分の死後、家族・親族間でのトラブルを回避するために相続や遺言について考えたい」

いずれの場合も後々のトラブルを回避するためには、弁護士・司法書士・行政書士等の専門家に相談することが問題解決への近道です。

 

相続に関しての詳細はオリベ司法書士事務所のHPをご覧ください。

 

TOPページへ

 

問い合わせへ