生前贈与とは?

生前贈与とは言葉通り、生きているうちに贈与を行うことです。そこで、気になる「贈与税」について、朗報です。平成21年4月より「相続時精算課税制度」がはじまり、65歳以上の親から20歳以上の子供に対する、2500万円(住宅取得目的なら3,500万円まで)までの贈与に対しては、贈与税を払わなくても良い(相続時に清算する)ことになりました。

「相続時精算課税制度」は、従来の贈与税課税方式(年110万円までの贈与は非課税で、それを超える分には累進税を適用)との選択性で、利用するには贈与を受けたときに税務署に申告する必要があります。

この制度がはじまったことにより、税金の心配をせずに、一度にまとまったお金を生前贈与できるようになりました。

生前贈与をすれば、「お金が必要な時期に贈与できる」「親の意思でスムーズに贈与できる」「相続争いが起こりにくい」などのメリットがあります。