法定相続人とは?

遺言による相続分の指定がない場合は法定相続分によることとなり、具体的には次の通りとなります。

【配偶者】
どんな場合でも相続人になります。

【子(養子含む)】
第1順位の相続人になります。子がすでに亡くなっていて、その代襲者がいる場合は、代襲者が第一順位の相続人になります。

【直系尊属】
直系尊属(父母・祖父母・曾祖父母)のうち、存命でもっとも親等が近い者が第2順位の相続人になります。

【兄弟姉妹】
第三順位の相続人になります。兄弟姉妹がすでに亡くなっている場合は、その子(甥、姪)が代襲して第三順位の相続人になります。

※配偶者と子以外の相続人は、先順位の相続人がいない場合にのみ相続人になります。

相続人を特定する方法は?

(1)亡くなった方の「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍」等を出生から死亡まですべて取得します。
(2)通常、この段階で両親と子供、配偶者が確認できます。
(3)子供(代襲者を含む)がいない場合は両親をはじめとする直系尊属が相続人になりますので、必要に応じて戸除籍を取得します。
(4)直系尊属(父母・祖父母・曾祖父母)が全員亡くなっている場合は兄弟の戸除籍も取り寄せて調査します。

ここで覚えておきたいのは、被相続人が亡くなって分かる相続人もいるということです。はじめに相続人をしっかり確認しておくことがその後の手続きをスムーズに進めるためには不可欠です。