不動産登記は司法書士へ

不動産に関する所有権や抵当権などの権利は、登記をしないと他人に主張することができません。

不動産登記には複数当事者の利害関係が絡むことから、他の行政手続に比べて非常に厳格に運用されています。

不動産登記申請を行なうためには、不動産登記法のほか、民法や会社法などの法律知識が欠かせません。

迅速・的確な不動産登記を行なうためには、不動産登記の専門家である司法書士にご依頼ください。

 

相談の多い代表的な不動産登記

不動産登記には数多くの種類がありますが、よくある相談がこちらです。

  1. 売買の登記の詳しい説明はこちらへ
  2. 贈与の登記の詳しい説明はこちらへ
  3. 財産分与の詳しい説明はこちらへ

もちろん上記以外の不動産登記にも対応いたしますので、不動産に関する登記手続でお困りの際にはお気軽にお問い合わせください。